TOMORROWLAND RECRUIT

新卒

白石 彦乃

Hikono Shiraishi

1999年入社

管理部門 人事

-トゥモローランドに入社を決めた理由は何ですか?
就職活動では銀行からも内定をもらいましたが、当時トゥモローランドではフランス映画祭の協賛を始めていて。
幼いころから映画が好きだったので、洋服以外にも文化的なことに携われるかもしれないというところに魅かれたため。
-仕事以外に今興味を持っていることは何ですか?
文化的なものに触れることが好きです。
アート、音楽、映画などなど。
美術館や展覧会に行き、新しいものや古くからあるものに触れて感動したり、実際に体験したりして自分の中に蓄積させています。
-自分のどんなところがトゥモローランドに向いていると思いますか?
きれいな情景に心が動くところ。
昔は、会長がフロアにいらして、黄昏時に、「夕焼けがきれいだよー」と声を掛けてくれることがあり、皆がわーっと行くのを見てると、「あ、こういうところがトゥモローランドだな」と感じます。笑

担当プロジェクト

人の前に出る接客業から、裏方の仕事へ

私の所属する人事は、主に、社員の給与や社会保険の管理を行っています。課内には3名いて、私が担当するのは、社員の手当、支給、退職の手続きなどが中心です。現職に就く前、5年ほど、販売を経験しました。就職活動をしていたとき、人と接する仕事を基準に、フィットネスクラブ、英会話教室、銀行など、さまざまな企業を受けました。その中のひとつがトゥモローランドでした。最終的に、銀行との二者択一で迷ったのですが、当時、トゥモローランドがフランス映画祭に協賛しているのを知り、映画が好きだった私は、「洋服以外のことにも携われるかもしれない」という期待に胸を膨らませ、入社を決めました。トゥモローランド 吉祥寺店と丸の内店のオープニングスタッフとして店頭に立ち、ついに吉祥寺店店長に抜擢され、しばらくしたタイミングで突然、人事の部長から「うちの部署にこないか?」と誘いを受けました。接客が楽しく、やりがいを感じていた時だったため迷いましたが、これも視野を広げるひとつのきっかけだと考え、サポート役に回ることを決意しました。採用や総務の仕事を経て、現在の人事で働いています。

心持ち次第で、仕事環境はいつでもフレッシュに変化する
接客業から一転、新たな環境に戸惑いもありましたが、お手本となる先輩方がいてくれたおかげで、勉強をさせていただきながら、10年がたちました。さまざまな部署の社員とコミュニケーションをとり、彼らのライフステージに関わる仕事ができるということは、人と触れ合う職を志した私にとって、願った通りの結果と言えます。いろいろな方から感謝してもらえることも多く、その言葉もやりがいのひとつです。今後は、今請け負っている仕事に加え、社員がより働きやすい環境を作るため、時代に沿った制度改革をはじめ、新しい制度の導入も考えていきたいと思っています。より知識を深めるため、社会保険資格についても勉強中です。この仕事は、どうしてもルーティーンワークになりがちな部分もあります。しかし、以前先輩から、「仕事を楽しくするのは自分次第。働きやすい環境は自分で作るもの」と言われ、ハッとしました。常に今あるものに対し疑問を持ち、改善点を探り、能動的な行動をとることが大切なのだと気づかされたのです。一緒に働く方も、そんなハングリー精神の持ち主だったらいいな、と思っています。そのような方が近くにたら、「まずい!私もじっとしていられない!」と刺激になると思うから。

経歴

  • デ・プレ 恵比寿三越店
  • トゥモローランド 吉祥寺店
  • トゥモローランド 丸の内店
  • トゥモローランド 吉祥寺店
  • 管理部門 人事
  • (2017年3月1日時点)

あなたにとってTOMORROWLANDとは?

GO TO TOP