TOMORROWLAND RECRUIT

新卒

宇都宮 祐太

Yuta Utsunomiya

2009年入社

商品部門 企画

-トゥモローランドに入社を決めた理由は何ですか?
良いものづくりができる会社だと感じたから。
-仕事以外に今興味を持っていることは何ですか?
今はスキーに夢中です。
いつも洋服のことを考えてしまうので、夢中になって体を動かし、自分と向き合う時間を大切にしています。
-将来の夢を教えてください
今の仕事をまっとうし、デザイナーとして一流になることです。

担当プロジェクト

とにかく"好きなこと"を仕事にしたかった

高校を卒業し、留学を目指して語学学校に進学しました。しかし、通ううちに自分の中で妙な違和感を覚え始めたのです。幼少の頃から図画工作など、物を作ることが大好きで、何かを作ることを仕事にしたいと思っていました。その気持ちが再び大きくなり、「人生1度きりなのだから、やりたいことをやろう!」、そう思うようになりました。そして、服飾の専門学校へ行くことを決意。そこで、トゥモローランドに入社するきっかけを得ることになります。学内の産学協同を募集する内容に、〈Edition〉のマーチャンダイザーと一緒にものづくりができるという項目があり、チャンスだと思いました。もともと、〈Edition〉の洋服が好きで、良いものづくりをしているなと感じていたので、迷うことなくデザイン画10枚と自己PR文を提出しました。嬉しいことに選考していただき、そこで製作したのがミリタリーブルゾンです。その時の経験が、トゥモローランドで働くことへの意欲へと変わっていきました。企画採用で入社が決まり、4ヵ月間〈Edition〉で販売員として店頭に立った後、〈MACPHEE〉を経て〈DES PRÉS〉の企画を担当しています。

生みの苦しみの先に、大きな喜びがある
幅広い仕事を任せてもらえるようになり、やりたいことをやらせていただいている充実感があります。それと同時に、生みの苦しみもあります。楽しさと苦しみは表裏一体です。デザインに正解はありません。オリジナリティを出しつつも、他とどう違いをつけるかが常に課題となってきます。また、服はアートではないため、着てくださる方が求めるものに近づける必要があります。自分が表現したいことと、求められるもののギャップに折り合いをつけることの難しさに悩むこともありますが、やはり、自分がデザインした服を着てくださる方を見ると嬉しいですし、やりがいにつながっています。なんでも相談できる、目標とする先輩や励まし合える同期がいる今の環境は恵まれていますし、チームワークのよさは、商品にも反映されていると思っています。ものづくりが好きで進んだデザイナーという道。誰かのために作ることの喜びを噛みしめながら、今後は、もっと幅広い層へアプローチできる服を作っていければ、と考えています。

経歴

  • エディション ルミネ新宿店
  • 商品部門 MACPHEE 企画
  • 商品部門 DES PRÉS 企画
  • (2017年3月1日時点)

あなたにとってTOMORROWLANDとは?

GO TO TOP