TOMORROWLAND RECRUIT

新卒

藤田 静子

Kiyoko Fujita

2008年入社

ギャルリー・ヴィー 新宿伊勢丹店
兼 営業販売部門 フランチャイズ

-トゥモローランドに入社を決めた理由は何ですか?
大学3年の時にトゥモローランド 東京大丸店でセールバイトを経験しました。
高いヒールを履いてきらきらした笑顔で接客されるスタッフの方々を見て素敵だなぁと思いました。
また実際にお話してみると自然体で面白く気さくな方ばかりで、そのギャップに魅了されました。
-仕事以外に今興味を持っていることは何ですか?
第一子の出産を控えてるので、自宅の環境を整えたり子供服を探したりすることがお休みの日の楽しみです。
また店長始めスタッフ、周りの方々のおかげもあり妊婦期間も楽しく働くことができています。
-自分のどんなところがトゥモローランドに向いていると思いますか?
仕事でもプライベートでも「一期一会」という言葉を大事にしています。
見ず知らずの方の貴重な時間を共有しているので、出会った方に大好きなトゥモローランドを知ってもらいたいという気持ちは入社当時から変わっていません。

担当プロジェクト

ホスピタリティという視点から接客を志しました

大学時代に観光科を専攻しており、その時にホスピタリティーの重要性を学びました。いわゆる、おもてなしの心です。そして、もともと子供の頃からおしゃれすることが大好きだったので、アパレルの接客に興味をもつようになったのは自分の中では自然な流れでした。 ちょうど就職活動を始めた大学3年生の時、トゥモローランドでセール期間中の販売アルバイトがあることを知り、応募。その時に出会った、社員の販売員の方々がおしゃれで気さくな方ばかりで。同じ女性として憧れを抱き、「私も、いつか会社で働くことになるだろう」と、そこはかとなく思うようになりました。念願叶って入社。はじめは、ギャルリー・ヴィー 新宿伊勢丹店に販売員として配属され、その後、ギャルリー・ヴィー 吉祥寺店に移動。販売員としての経験を積み、サブマネージャーとして新宿伊勢丹店に戻りました。現在は、フランチャイズ店舗のギャルリー・ヴィー 佐世保玉屋店担当も兼任しています。

自分の経験を伝え、店舗づくりに反映させたい
ギャルリー・ヴィー 新宿伊勢丹店では、大きく区分けをするとディスプレイなどを担当するヴィジュアルチームと、在庫管理・店舗のレイアウトを考える商品チームに分かれています。私は、接客の傍ら、双方のチームがバランスよく動けるに整理する立場でもあります。日々、自分がチームのために何ができるのかを考え、できる限り、自ら積極的にコミュニケーションをとるよう心がけています。今、特に力を入れているのが、店舗のアートフレーム(ディスプレイ)とショップブログ。お客さまにブランドの世界観を伝えられるよう、スタッフと相談しながら進めています。また、佐世保のショップへは、年4回ほど出向き、接客方法や店内のレイアウトなどをアドバイスしています。直営店ではないため、百貨店の方が販売スタッフ。ブランドのコンセプトを理解していただき、お客さまにどう訴求すべきかを伝えるのも大切な役割のひとつです。販売のアルバイトからスタートし、今は、教える側になりつつあります。だからこそ、今後は、もっと“本物”に触れる機会を増やしていきたいと思っています。作り手の思いが感じられるような物を身近に置いたり、一流ホテルなどの完璧な接客サービスを体験したり…。そして、さらなる接客力向上、より良いお店づくりのために活かすことができたら本望です。

経歴

  • ギャルリー・ヴィー 新宿伊勢丹店
  • ギャルリー・ヴィー 東急吉祥寺店
  • ギャルリー・ヴィー 新宿伊勢丹店
    兼 営業販売部門 フランチャイズ
  • (2017年3月1日時点)

あなたにとってTOMORROWLANDとは?

GO TO TOP