TOMORROWLAND RECRUIT

新卒

木村 光希

Mitsuki Kimura

1999年入社

営業販売部門 販売 ギャルリー・ヴィー 自由が丘店

-トゥモローランドに入社を決めた理由は何ですか?
学生時代にたまたま入ったギャルリー・ヴィーのお店。
エレガントな店内の雰囲気と洋服の仕立て・縫製の素晴らしさに惹かれ、吸い寄せられるようにアルバイトとして入社したのが始まりです。
-仕事以外に今興味を持っていることは何ですか?
「家族との時間」です。
現在時短勤務で販売スタッフとして店頭に立っています。
平日は、子供と一緒に過ごせる時間が朝夕合わせても4時間ほど。
だからこそ休みの日は思いっきり遊び、家族との時間を楽しんでます。
-子どもがいる女性にとって働きやすい会社だと思いますか?
復帰して1年後にサブマネージャー、2年後に店長を経験させてもらいました。
ママになっても熱意や意欲があれば、年齢や境遇問わずチャンスをくれる会社です。
子育て中の働く女性を理解してくれて、積極的にサポートしてくれるスタッフにも恵まれて本当に感謝しています。

担当プロジェクト

限られた時間の中で責任を果たすのが時短店長の使命

私はエルダー社員として平日の5日間、9:30〜16:30という時短勤務の中、ギャルリー・ヴィー 横浜そごう店の店長として働いています。通常の店舗の店長のようにフルタイムでは働けないので、スタッフにいろいろとお願いすることも多く、日々閉店時間まで見届けられないのでもどかしい面もあります。しかしそこは、会社も認めてくれた私の働くスタイルと受けとめ、店長としての責務を果たせるよう、今は目下奮闘中の日々を送っています。まず、店長業務ですが、通常の販売に加えて、店舗のレイアウトや販売計画、タイムカード管理やシフト調整など多岐に渡ります。どう考えても勤務時間内にすべてを終えるのは不可能です。そこでまず、絶対に店長しかできないことと、そうでないことをリストアップ。後輩スタッフにお願いできる部分はお願いをするという働き方にしていきました。最初のうちは、スタッフにどう思われるかな?店長業務なのになんで私が?とか思われないかしら...と、1人でもやもや葛藤したこともあったのですが、子育て中の働くママということをスタッフみんなが理解してくれて積極的にサポートしてくれて、当初不安に思っていた心配は無用だったと気付かされました。それと同時に、各スタッフに責任(業務)を与えたことで、スタッフの意識が高まったようにも思います。これはお店全体にとってもプラスにはたらきました。時短店長になって1年ですが、おかげさまでようやく流れが見えて来たかな?という感じです。

ママ店長としてのロールモデルを目指して
学生時代、たまたま入った〈GARELIE VIE〉のお店の雰囲気に惹かれて吸い寄せられるようにアルバイトとして入社したのが始まり。洋服のことは分からないにしろ、素人目線で見ても〈GARELIE VIE〉の洋服の仕立てや縫製が素晴らしいのが分かりました。それからというもの、販売を通して、知らないことをどんどん知っていくことが楽しくて、気づいたら16年もの月日が経っていました。お客さまとの関わりや、洋服の知識がついたりと、やりがいは今までも感じていましたが、本当の意味で仕事の楽しさを知ったのは29歳の時、遅咲き店長としてひとつの店舗を任された時です。レイアウトを作る楽しさ、新しいお客さまと出会う楽しさ、後輩を育てる楽しさを通して真のやりがいを感じました。出産による産休・育休期間を経て復帰したタイミングで会社から、時短店長をやってみないか?と声をかけていただきました。ママという立場ながら、責任ある店長を任せてもらえるのは本当にありがたいことです。今後の目標として、まずは時短店長という地位を確立すること。もっともっとスキルを学び、知らない事にチャレンジ成長していきたいです。そして、今後は私の17年の経験を少しでも後輩に伝えていけたらなと思っています。

経歴

  • ギャルリー・ヴィー 所沢西武店
  • ギャルリー・ヴィー 池袋西武店
  • ギャルリー・ヴィー 東急吉祥寺店 店長
  • 産休
  • ギャルリー・ヴィー 横浜そごう店
  • ギャルリー・ヴィー 自由が丘店
  • (2018年3月1日時点)

あなたにとってTOMORROWLANDとは?

GO TO TOP