TOMORROWLAND RECRUIT

中途

尾城 友理

Yuri Ojiro

2014年入社

販売促進部門 プレス

-トゥモローランドに入社を決めた理由は何ですか?
クオリティの高いオリジナルブランドと感度の高いセレクト、わくわくするような店作りに会社としてのエネルギーをとても魅力的だなと感じました。
-仕事以外に今興味を持っていることは何ですか?
イタリア語
-将来の夢を教えてください
素敵だな!楽しい!やりたい!と思ったことが具現化できた時。
そしてそれが会社にとっての貢献にもなる時。
ファッションはソフト/ハード両面を持ち合わせ、世の中で1番楽しむことができる業界だからこそ体験できることだと思います。

担当プロジェクト

念願のプレス業につけて毎日が充実しています

別のアパレル会社で販売として働いていたのですが、どうしてもプレスになる夢を諦められずこの先どうしようかなと考えていた折り、ホームページでの募集を見つけたのがはじまり。元々トゥモローランドのオリジナルの洋服が好きだったということと、その高いクオリティに感動したのが応募のきっかけでした。プレス未経験の私を採用していただいたのがちょうど1年前。チャンスをくれた会社には感謝しています。現在はトゥモローランドのプレスとして日々奮闘中です。プレスとはブランドの対外的なイメージづくりが主です。サンプルの貸出しを行ってブランドネームを広めたり、展示会で雑誌社やスタイリストにアピールしたり、カタログやルックブックの制作、プレスリリースの制作など業務内容は多岐にわたります。サンプルの貸出しひとつをとっても、ただやみくもに貸出すのではなく、ブランドの世界観を壊さないような露出先であるかどうかなど、頭を使う仕事でもあります。華やかに見える仕事ですが、実は裏で地味にコツコツと踏ん張ることも多いポジション。ですからこの仕事には人並み以上の体力と気力が必要ですね(笑)。私自身実際にプレスになってみて痛感しました。

自分の引き出しを増やしてプレスとしてもっと成長したい
どの仕事にも言えることだと思いますが、やっぱり最終的にいきつくところって“人”ですよね。プレスも例外ではなく人間関係がとても大切です。私がプレス業でやりがいを感じるのは、スタイリストや編集者など外部の方とお話をしている時。ブランドの魅力を自分のフィルターを通してお伝えしている時が一番楽しいですし、やりがいを感じますね。そこで日々意識しているのが、自分の引き出しを多く持っておくことです。日々たくさんの方とお会いし話をするのが仕事ですが、ブランドの話はもちろん、その他の会話をすることも多いんです。1人の人間として魅力的であるためにも、さまざまなことにアンテナを張って情報収集することが大切かなと思っています。

経歴

  • 販売促進部門 プレス
  • トゥモローランド ニューヨーク店
  • 販売促進部門 プレス
  • (2017年3月1日時点)

あなたにとってTOMORROWLANDとは?

GO TO TOP