TOMORROWLAND RECRUIT

新卒

武田 敏成

Toshinari Takeda

2006年入社

商品部門 マーチャンダイザー

-トゥモローランドに入社を決めた理由は何ですか?
もともと店の世界観が好きでしたが、ものづくりへのこだわりやシンプルな服が持つ強さ、品の良さ、素材と縫製の上質さを感じました。
この会社なら良いものを作る事ができるのでは?と感じ、入社したいと思いました。
-仕事以外に今興味を持っていることは何ですか?
美術館に行くことや音楽も好きですが、やはり洋服が好き。
自分たちが作っているもの以外の洋服を買ったり、着たり、見たり、スタイリングしたりする事です。
新しい発見をし、刺激を受けることが自分の中に流れる軸だと思っています。
-トゥモローランドに入って良かったと思う瞬間はどんな時ですか?
クオリティやデザインの良いものをお客さまに届けたい、ブランドをもっと広めたいという気持ちで仕事をしています。
その中でコストに縛られる事も多いですが、トゥモローランドは考え方が柔軟です。
多少の利益を削ってでも良いものを作ろうとする時、入社して良かったと感じます。

担当プロジェクト

トレンドを抑えた美しい服作りがしたかった

幼い頃から両親の影響でアート、オーケストラ、バレエなど、さまざまな美しいものに触れてきました。洋服好きの母、船の設計士をしていた父の影響を受け、ファッションでものづくりをしたいという気持ちが強まったのが、理系の国公立大学に通っていた3年生のときです。卒業後、「進むならファッションのプロに」、そう心に決めて広島から上京。服飾の専門学校を経て、トゥモローランドにデザイナー志望で入社しました。現在、ウィメンズブランド〈DES PRÉS〉のマーチャンダイジングを担当しています。毎シーズン、ブランドのコアな部分の見直し、シーズンテーマの選定、素材選び、カラーストーリーを組み立てるところから、服作りをスタートさせます。その中で大切にしていることは、エレガンスな要素は守りつつ、トレンド感、新しさ、美しさのあるクリエーションを常に心懸けること。そして、お客様のニーズをしっかりおさえることです。それにはマーケティングも必要不可欠。毎週必ず1度は、街にリサーチに出かけ、メゾンブランドから他社のウィメンズ、メンズに至るまで、今の流行や動向を感じとるようにしています。

お店全体を巻き込んで選ばれるブランドに育てたい
これからさらにブランドを盛り立てるため、こだわったものづくりをしていきたいと思っています。お客さまに洋服を選んでいただくにあたり、デザインや着心地はもちろんのこと、店頭で置かれる環境もとても重要。そういったところにまでこだわって初めて、よいものづくりと言えると思うんです。デザイナーだからといってオフィスにこもっているのではなく、ショップに足を運び、販売スタッフとディスプレイやレイアウトなどの相談、お客さまからの反応の良し悪しをヒアリングしたりするように心がけています。そうすることで、デザイン、素材、コーディネートのしやすさなど、何がお客さまの反応がよくて何が足りないのかが浮き彫りになるからです。そういった経験をすべて次のデザインに活かしています。お求めいただいたお客さまに「今日は、この服を着たい」と選んでもらえて、それを着ることでテンションが上がるような、そんな洋服を今後も作っていけたら幸せです。

経歴

  • トゥモローランド 渋谷店
  • 商品部門 DES PRÉS 企画
  • 商品部門 Ballsey 企画
  • 商品部門 DES PRÉS マーチャンダイザー
  • 商品部門 Ballsey 企画
  • 商品部門 DES PRÉS マーチャンダイザー
  • (2017年3月1日時点)

あなたにとってTOMORROWLANDとは?

GO TO TOP