TOMORROWLAND RECRUIT

新卒

春山 浩庸

Hironobu Haruyama

2005年入社

商品部門 マーチャンダイザー

-トゥモローランドに入社を決めた理由は何ですか?
まずは、選考時期が1番遅かったこと。
すでに他の会社で内定も決まっていましたが、トゥモローランドで最後の最後に当時の人事から熱い思いを聞いて、入社を決意しました。
完全に「縁」です。
-仕事以外に今興味を持っていることは何ですか?
旅行です。
どうしても社内にとどまってしまう仕事が多いので、積極的に外の景色を見るようにしています。
近いところはもちろん、東北や沖縄、海外も。
現地で食べる、おいしいごはんも好きですね。
-トゥモローランドに入って良かったと思う瞬間はどんな時ですか?
良い意味でフラットな関係性が多く、年齢問わず、自分にない物を持っている人に任せ、逆に自分にしかできないことは任される。
仕事を個人ではなく、部署を越えたさまざまなチームで形成していこうという考えなので、入社を決めて良かったです。

担当プロジェクト

ブランドの舵取り役として日々奔走しています

販売、営業、CR(コントローラー)を経て、現在は〈Ballsey〉のMD(マーチャンダイザー)としてものづくりに従事しています。MDとは、ブランドをデザインする仕事。デザイナー、パタンナー、生産、CRのメンバーをまとめながら、リーダーとしてブランドの方向性を決め、ブランドに色づけをしていくのが僕の役目です。〈Ballsey〉のチームは経験豊富なデザイナーや生産のメンバーがいるのでとても心強いです。僕は監督兼選手として伸び伸びと働くことができています。実務としては、年4回の展示会をベースに、3カ月先の店頭を想定した物づくり、半年先の次シーズンの物づくり、今現在の店舗の動きを見てどう売上げを構成していくかの大きな4つを同時進行で進めます。日々刻々と変わる市場を見極めながらも、トゥモローランドが持つエレガントさを忘れないものづくりをしていくのが僕たちの責務です。その大事なソースになるのがイメージミーティングです。スタッフそれぞれが次シーズンのイメージ写真を持ち寄りアイデアを出す場です。「このシルエットうちではまだやったことがないからトライしてみたいね。」「こんなレングスが次はきっと気分だよね」など、具体的なイメージが湧くので海外のサイトや雑誌、SNSなどは普段からチェックを欠かしません。時にはメンズのファッションがヒントになることもあるんですよ。スタッフが自由に発言できて思いを言えるようなミーティングにするのも、MDである僕の仕事だと思っています。何でも言い合える風通しのいい現場であることを意識しています。

時間をかけてオリジナリティあるものづくりを追求したい
そもそも僕がアパレルを仕事にしたのは、好きなことじゃないと続かないと思ったからです。服、旅、楽しいことが好きだった学生時代の僕に唯一“等身大ではなかった”のがトゥモローランドでした。いい意味で背伸びができた。それって人として成長できるのではないかと感じトゥモローランドに入社を決めました。当初はメンズの販売員として店長を目指していたのですが、縁あって今はウィメンズの洋服作りに携わっている。そして〈Ballsey〉に異動してきた今、一番テンションが上がっています。〈Ballsey〉はトゥモローランドの中でもコンサバティブなブランド。OLさんから支持をいただいているブランドです。会社できちんとして見えるように、オケージョン対応もできるようにというお客さまの実用的なニーズに対して“ファッションで応える”ことができるのが今、猛烈に楽しいんです。オフィススタイルをただのシンプルな服に留めることなく、これからもファッションとして新鮮な提案をしていきたいですね。それは〈Ballsey〉だけでなくトゥモローランド全体にも言えることだと思っています。今や、似たような洋服が溢れる時代です。他社より一歩抜きん出るにはやはりこだわりのものづくりにかかっていると思います。今よりもっと時間をかけてオリジナリティを追求した洋服を発信し、トゥモローランドの魅力を広めていきたいですね。

経歴

  • トゥモローランド 横浜クイーンズイースト店
  • 営業販売部門 営業
  • 営業販売部門 MACPHEE コントローラー
  • 商品部門 MACPHEE マーチャンダイザー アシスタント
  • 営業販売部門 MACPHEE コントローラー
  • 商品部門 MACPHEE マーチャンダイザー
  • 商品部門 TOMORROWLAND collection マーチャンダイザー
  • 商品部門 Ballsey マーチャンダイザー
  • (2017年3月1日時点)

あなたにとってTOMORROWLANDとは?

GO TO TOP