TOMORROWLAND RECRUIT

中途

小林 由佳

Yuka Kobayashi

2010年入社

営業販売部門 販売 ゴールデン グース デラックス ブランド 名古屋

-トゥモローランドに入社を決めた理由は何ですか?
会社のウェブサイトを通して、「人を第一に考えている会社」なんだなという印象は持っていましたが、面接の時にお会いした当時の店長さんの人柄に惚れ込み、この人と一緒に働きたいなと思ったことがきっかけです。
-仕事以外に今興味を持っていることは何ですか?
身体を動かすことです。
これまで運動という運動をほとんどしていなかったのですが、今年の夏からジョギングを始めました。
身体を動かすことで基礎体力がつき、疲れにくくなったり、ほど良い気分転換にもなっています。
-自分のどんなところがトゥモローランドに向いていると思いますか?
良い意味で自由なところ。
自分たちで考えてやらなければいけない大変さもありますが、それがやりがいに繋がっていたりもします。
また、人を大切にするという社風なので、スタッフ間でも思いやりの意識が高いですね。

担当プロジェクト

初めての路面店で接客の奥深さを再認識

2014年4月、名古屋に〈GOLDEN GOOSE DELUXE BRAND〉の路面店ができるタイミングで、オープニングスタッフとしてトゥモローランド 名古屋ラシック店から異動しました。接客を中心にウインドウディスプレイのビジュアルも担当しています。路面店なので、ウインドウを見て足をとめ、入店してくださる方も多く、重要性をより強く感じています。トゥモローランドに入社する前は、客単価が低く客数の多いアクセサリーブランドとファッションビルのなかのウィメンズブランドで接客の仕事をしていました。そこは場所柄もあり、何もしなくてもどんどんお客さまがやってきてくださる環境でした。新規顧客を得ることの厳しさを痛感したのは、今の店舗に移ってから。だって、接客したくても入店してくださる方がいなければ、できないのですから。だから余計に、お店に入ってきてくださったお客さまには、できる限り"いい時間"を過ごしてもらいたい、その一心で向き合っています。裏を返せば、お客さまひとりひとりにじっくり時間をかけて接客ができるということ。仮に買ってくださらなくても、それを続けていくことで、このお店を目的として来てくださる方が増えるはずだと思っています。そうやって、オープニングから一緒にやってきたメンバー全員、同じ気持ちでお店作りに励む毎日です。

生き生きと働くことがお店の発展につながると信じて
今は特にスニーカーのイメージが強いブランドですが、ウエアも充実しているので、それをもっと広めていきたいですね。スニーカー目的で来店された方に、合わせたウエアのコーディネート提案もするようにしています。最近になり、名古屋市内の発展が著しく、ファッションブランドの路面店も増えてきています。そんななかで、やはり売り上げは意識していかなければいけませんし、正直、プレッシャーを感じることもあります。でも、だからこそ、店頭にいる私たちが生き生きとしていることが大切。そうすれば自ずと結果はついてくると信じています。中長期的な視点で1年目はまずブランドとお店を知っていただき、2、3年目はさらに顧客さまの数を増やすことを目標としてます。そのためにDMを出してこまめにコンタクトをとるなど、入店のきっかけを増やしていきたいです。黙っていてもお客さまがいらした慌ただしいお店、そして、時間をかけて接客をする今のお店、両方を経験しているからこそ分かることがあります。それは、“笑顔・感謝”の大切さ。どんな状況でもそれを忘れずに、これからもっと名古屋エリアを盛り上げていきたいですね。

経歴

  • トゥモローランド 名古屋ラシック店
  • ゴールデン グース デラックス ブランド 名古屋
  • (2017年3月1日時点)

あなたにとってTOMORROWLANDとは?

GO TO TOP