TOMORROWLAND RECRUIT

新卒

尾坂 真由

Mayu Osaka

2009年入社

営業販売部門 販売 トゥモローランド タカシマヤ ゲートタワーモール店 店長

-トゥモローランドに入社を決めた理由は何ですか?
学生の頃お店をのぞいた時、スタッフが生き生きとして働いている姿が輝いていて、そして、とてもとても眩しくて。
その時に「10年後になりたい自分の像はこれだ!」と直感的に確信したのがきっかけです。
-仕事以外に今興味を持っていることは何ですか?
お客さまにイニシャル刺繍入りのハンカチをいただいたのがきっかけで、最近は刺繍に興味を持っています。
社内にも似たような趣味を持っている先輩がたくさんいて、いつも休憩時間にはそんな会話で盛り上がっています。
-トゥモローランドに入ってよかったと思う瞬間
仕事を通じて嬉し泣きや悔し泣きをした時、この会社に入って心底よかったと感じています。
それだけ夢中になれる仕事や気持ちを共感し合える仲間に出会えるなんて、めったにないことですから。

担当プロジェクト

お客さまとの信頼関係を作れる場所作りを

入社していらい、店舗間の移動はありましたが、ずっと〈DES PRÉS〉を担当しています。現在は、名古屋高島屋店の店長として、接客はもとより、スタッフの育成、お客さまに心地よい時間を過ごしてもらえるようなディスプレイやレイアウトを考えることに重きを置いています。売り上げも大事ですが、それを生むためには、お客さまと"洋服だけの関係性"に終わらないようにしなければなりません。今のお店はターミナルビルに入っているため、気軽に立ち寄れる場所にあります。たとえ、洋服を買う目的でなくても、「顔を見たくて少し寄ってみたの」と言って来店してくださるお客さまがいることが重要だと思っています。その方にとって息抜きや活力の場になれることが、お店づくりのベースにあるんです。私自身、洋服の前に人が好きなのだと思います。もともとの性格もありますが、この考え方は、トゥモローランドに入社してから培ったものでもあると思います。上司や同僚、後輩たちも、みんな、温かみのある人が多くて、それが人から人へと受け継がれているのだと思います。販売のスキルとは違うベクトルで、人間関係の基盤を置かれた環境から自然と学ぶことができているんです。

仲間と笑顔でいることが困難を乗り越える手立て
売り上げなど数字の部分で壁にぶつかることも、もちろんあります。自分だけでは打開策が思い浮かばない時でも、ショップスタッフの全員が同じ課題を抱えてくれて、話し合って解決に向けて取り組んでいくことができる、とてもよい環境が作れていると思います。その背景には、“出勤のとき120%笑顔で!”という心がけがあるのかもしれません。店長になりより意識するようになったことなのですが、笑顔ひとつで空気って変わるんです! そしてそれは他のスタッフたちにも連鎖していく。最初から最後まで笑顔でいること、接客業では当たり前のことを続けていくことで、生き生きとしたお店になり、それがお客さまを引きつける力になります。私がそれを率先していくことで、チームワーク向上につながるのではないかと考えています。トゥモローランドの仕事の幅は多岐に渡りますが、基本的に“人が好き”ならどこでもやっていける環境が整っているのが魅力です。自分が輝ける場所を探していけて、さらに、個人の能力を活かしてくれる(やりたいことができる)会社だからこそ、何かあった時、「とりあえずやってみよう!」が口癖になっています。だって、ほんの少しの可能性でも行動に移すことで、可能性を広げることがいくらでもできる会社だから。今後も、ずっと接客に携わっていたいですね。マネジメントの部分では、結婚や出産、子育てなど、ライフスタイルが変わりやすい女性たちが安心して働けるよう、サポートしあえる環境作りをしていけたらいいな、と思っています。

経歴

  • デ・プレ 名古屋ラシック店
  • デ・プレ ジェイアール名古屋タカシマヤ店
  • デ・プレ 名古屋ラシック店
  • デ・プレ ジェイアール名古屋タカシマヤ店
  • ギャルリー・ヴィー ホワイト 店長
  • トゥモローランド タカシマヤ ゲートタワーモール店 店長
  • (2018年3月1日時点)

あなたにとってTOMORROWLANDとは?

GO TO TOP