TOMORROWLAND RECRUIT

新卒

山田 愛

Ai Yamada

2012年入社

ランド・オブ・トゥモローランド 梅田阪急店

-トゥモローランドに入社を決めた理由は何ですか?
まだ職種を絞っていなかった時期に参加した説明会で、好きな洋服に囲まれて生き生きと仕事をしている先輩方がとてもかっこよく見えて…。
自分も10年後はこうなっていたいな、と不思議と惹きつけられました。
-仕事以外に今興味を持っていることは何ですか?
窯元に足を運び、職人さんや作品と出会うことがすごく楽しいです。
地図にない山奥の窯元にやっと辿り着き見つけた器や、何を並べようかとワクワクする食器、自分の足で訪れたストーリーも思い出となっています。
-将来の夢を教えてください
幅広いカテゴリを提供できるエキスパートになること。
お客さまのニーズに合わせ、商品の魅せ方や提案の仕方すべてにおいて感度を常に向上させ、そのエッセンスを持ちお客さまに寄り添っていきたいと思います。

担当プロジェクト

多角的な知識を持つことで柔軟な接客ができる

入社して5年目になりますが、ずっとトゥモローランド 梅田阪急店に勤めています。接客を中心に、店内でも〈Ballsey〉など、よりキャリア向けのラインが並ぶ〝オン・ゾーン〟と呼ばれるエリアの店頭作り(ディスプレイ)にも携わっています。梅田阪急全体を見ると、会社勤めの方や主婦層のお客さまが多いため、トゥモローランドのエレガントさを意識したオフィスシーンにも合わせやすいコーディネートの提案ができるよう、ボディやディスプレイを工夫する必要があります。それには、根底にトレンドを知るということも大切です。視野を広げるためにも、休日は必ず外出し、街行く人を眺めたり、カジュアルからキャリア系まで、さまざまなタイプのお店を回って固定概念に縛られないようにしています。知識の幅を増やすことでお客さまとの会話も弾み、また会いに来てくださる方ができた時、この仕事にとてもやりがいを感じました。最近では、新卒内定者を育成する「メンター」という役割を任せてもらうようになり、社会人になる後輩たちにトゥモローランドのフィロソフィーを伝える役割も担当しています。

違う道も考えたけれど〝好き〟が勝り今の自分がいる
短大で服飾を学び、その当時からアパレルブランドで接客のアルバイトをしていました。とにかく洋服が好きだったんです。でも、就職という枠で考えたとき、迷いが生じて……。洋服以外のことも学んでみたい、そういう思いが強くなり、短大を経て関西大学へ進学し、情報学を学びました。就職活動では銀行や商社も受けたのですが、自分の本当にしたいことを振り返った時、10年後、20年後の自分を想像できたのがアパレルだったんです。そう気づいたときはすでに4年生。諦めきれず、二次採用に応募し、採用いただき今に至ります。繁忙期は、お客さまの多さにいっぱいいっぱいになったり、ファッションという正解のないものに対して、トゥモローランドと自分の感性を融合させることに迷ったりする時もありますが、入社当時を思い出すことで「好きこそものの上手なれ」という言葉の通り、どんな時も笑顔でいられるんです。洋服が大好きで、クローゼットを眺めるだけでワクワクする! 女性がファッションに対して感じるそういった単純な思いこそ、私の仕事の基盤になっているのだと思います。働くうえでキャリアを積み上げることに情熱を傾けるより、私は、お客さまと向き合い、ファッションの楽しさを伝えることに全力を注ぎたい。「この人に任せれば可愛くなれる」そう思って来てくださるお客さまに常に新鮮なおしゃれを提供できる人でありたい、そう思っています。

経歴

  • トゥモローランド 梅田阪急店
  • ランド・オブ・トゥモローランド 梅田阪急店
  • (2017年3月1日時点)

あなたにとってTOMORROWLANDとは?

GO TO TOP