TOMORROWLAND RECRUIT

新卒

播本 詔子

Shoko Harimoto

2012年入社

営業販売部門 販売 ジェームス パース 梅田阪急店 店長

-トゥモローランドに入社を決めた理由は何ですか?
友人に連れられながら色々な会社説明会に出向いており、その中の1社がトゥモローランドでした。
そこで初めて先輩方のお話を見聞きして、働く人の雰囲気の良さに感銘を感じ、私もここで働きたいと思いました。
-仕事以外に今興味を持っていることは何ですか?
日本の社会保障制度(世界と比較した際の日本の社会制度の水準)について興味があります。
結婚をしたのをきっかけに教育や労働、税制など社会制度に向き合う機会が増え、政治や経済への関心が深まりました。
-自分のどんなところがトゥモローランドに向いていると思いますか?
負けず嫌いでストイックなところです。
決められた仕事だけではなく、ある程度自由で臨機応変さが求められる会社なので、そんな自分の性格はトゥモローランドに向いているのではないかと思っています。

担当プロジェクト

お店のイメージも商品構成も白紙の状態からスタート

神奈川県の葉山にあるビーチラウンジ〈CABaN〉の持つイメージをショップへと昇華させ2015年8月に第1号店としてオープンしたのがキャバン トゥモローランド 京都BAL店。そこで私は現在ショップのMD(マーチャンダイザー)担当として働いています。それまではトゥモローランド 神戸店と京都店と、確立された世界観の中で働いていたので、コンセプトも商品構成も白紙の状態の〈CABaN〉は最初戸惑いだらけでした。テーマは、「ラグジュアリーリゾート」。カットソーやトートバッグなどのオリジナル商品と〈GALERIE VIE〉の他にハイエンドな買い付け商品を揃え、「海をイメージした大人の女性のオシャレ」を提案しています。最初はあれもこれもと商品を詰め込みすぎていたのですが、お客さまの動向や、ショップの方向性を探りながらすっきりと見える商品構成を考えています。まだまだ道の途中ではありますが、"俯瞰して見ることの大切さ"を日々実感しています。

CABaNというショップを確立し、広めていきたい
これからはたくさんのお客さまにショップのイメージを定着させていくことが私の使命だと思っています。そのためにはMDとしてきちんとした商品構成ができるようになること、またそれを販売員としてお客さまにきちんとおすすめができるようにならなければなりません。さらにはそんなスタッフを1人でも多く育てることも必要です。とにかくやることはいっぱいです(苦笑)。いきなりすべてをこなすのは無理かもしれませんが、ひとつひとつ着実にクリアしていき、まずはお客さまから“CABaNの播本さん”と言ってもらえるようになるのが目標です。

経歴

  • トゥモローランド 神戸店
  • トゥモローランド 京都店
  • キャバン トゥモローランド 京都BAL店
  • ジェームス パース 梅田阪急店 店長
  • (2017年3月1日時点)

あなたにとってTOMORROWLANDとは?

GO TO TOP