TOMORROWLAND RECRUIT

新卒

森村 真夕子

Mayuko Morimura

2009年入社

営業販売部門 販売 トゥモローランド 神戸店

-トゥモローランドに入社を決めた理由は何ですか?
どんな大人になりたいかという基準で選びました。
学生時代に母について行ったトゥモローランド 神戸店で、店頭に立っている女性スタッフが凛としてとってもかっこよく見えて、ここで働きたいと思ったのがきっかけでした。
-仕事以外に今興味を持っていることは何ですか?
VPの仕事がきっかけで植物に興味が湧き、お休みの日もお花屋さんによく行っています。
お花を買ってきて部屋に飾って、いい頃合いでドライフラワーにして、それをお店のVPに使ったりすることもありますね。
-将来の夢を教えてください
一女性として成長すること
日々いろいろな人たちと出会うことで、あらたな理想や目標が生まれていきます。
仕事の仕方や、人との接し方、細かな気配りなど、できるようになりたいことがまだまだたくさんあります。

担当プロジェクト

お店は日々新しいことに挑戦できる場所です

特段アパレルに興味があった訳でもなかった学生時代。たまたま母とふらりと入ったお店の雰囲気、スタッフの素晴らしさに感動し、ここで働いてみたいと思ったのが7年前。それがトゥモローランド 神戸店でした。現在は念願叶って同店でウィメンズのマネージャーとして働いています。 業務は販売スタッフと同じく、接客、お店のレイアウトや売り上げ管理に加え、8人いるウィメンズスタッフのマネジメントを担当しています。私には販売スタッフとして心がけていることが2つあります。ひとつはお客さまの期待以上のサービスを提供すること。例えお買い上げに繋がらなくとも、気持ちよくお店を後にしていただけたらいいと思っています。もうひとつは新しいスタイリングに挑戦すること。お客さまがもたれているトゥモローランドのイメージを良い意味で壊して新しいものを提案していくことを大切にしています。いつも同じパターンではお客さまはもちろん、自分も飽きてしまいますから。 この2つを当たり前にできるようにするには雰囲気の良い明るい職場環境が重要になってきます。マネージャーになった今、その辺りを考えながらお店作りを再構築している最中です。

人に伝えることの重要さを再認識
ウィメンズのマネージャーになったのが2015年の3月でした。8人いるスタッフの中で年齢的にもキャリア年数的にもちょうど真ん中なのが私。後輩への指導はもちろん、先輩への指導もしていかなくてはならいので最初は戸惑いもありましたね。マネージャーになってみて気がついたことが2つ、それはみんながみんな同じ方向を見ているわけではないこと。仕事の捉え方は十人いれば十通りあるということ。最初はその価値観の違いにショックを受け悩むこともありました。なんでこんなに向いている方向が違うんだろうと。どうしたらもっと良いお店にできるのかと…。その答えはやはり“コミュニケーション=徹底的に話す”ことでした。スタッフそれぞれの考えや価値観を受け止めながら、私が思う仕事、お店への考えを伝えています。今までも、これからも伝え続けることが大切なのかなって。少しずつ同じ方向を向けるように頑張っていきたいですね。そしてそれが働きやすい環境づくりに繋がるはず、と信じています。

経歴

  • トゥモローランド NU茶屋町店
  • トゥモローランド 神戸店
  • (2017年3月1日時点)

あなたにとってTOMORROWLANDとは?

GO TO TOP