TOMORROWLAND RECRUIT

新卒

山下 友希

Yuki Yamashita

2009年入社

商品部門 生産

-トゥモローランドに入社を決めた理由は何ですか?
就職活動時に仕事内容はもちろん、スタッフがどんな意識で働いている会社なのかということを重要視していまして。
トゥモローランドは人に向き合う姿勢がとても強く、切磋琢磨し合いながら成長していけると思えたので。
-仕事以外に今興味を持っていることは何ですか?
喫茶店です。特に、独特な異彩を放つお店を見つけるとついつい気になって入ってしまいます。
時が止まったような内観・メニューにも興味をそそられます。
お店のネーミングに妄想を膨らませ、ふらりと入るのが好きです。
-将来の夢を教えてください
生産担当でありながらも、お店と本社を繋ぐ架け橋になれたらと。
生産担当としての視点にくわえて、お店で働いていた頃の経験を結び付け、店頭でよりスムーズな接客ができるようにしたいと感じています。

担当プロジェクト

未経験でも熱意があれば挑戦させてくれる!それがトゥモローランドの魅力

洋服に携わる仕事に就きたいという思いで、アパレル業界に絞って就職活動をしていた学生時代。10社以上受けた中で、トゥモローランドが最も人に対して熱く、人間味を感じられたので入社を決めました。〈TOMORROWLAND〉で7年間販売に携わり、昨年2月に希望していた生産業務に異動。現在は〈Ballsey〉の生産を担当しています。実は最初は生産業務に関してど素人でした。専門学校で学んだ経験もなくて...。店頭に立ち、商品に触れていく中で、このアイテムの価格はどう決めているんだろう?高価に見えるアイテムなのに価格設定が抑え目なのは何故だろう?と、そういった部分に強い関心を持つようになってきました。ものづくりにこだわっている会社なので自然な流れだったのかもしれません。そんなことをきっかけに、段々と生地に興味を持つようになって...。入社2年目の時にTES(繊維製品品質管理士)の資格を取得しました。販売員として店頭に立ちながらも生産への興味はどんどん増していき、生産業務に携わりたい!と希望を出し続けること3年、念願叶って異動が決まった時は本当に嬉しかったです。そしてやっと生産としてのスタートラインに立てたという思いでいっぱいでした。

地味だけど責任重大。生産はものづくりの縁の下の力持ち
念願の生産業務に携わるようになって早1年。想像していたよりも繊細な業務であり、責任重大なポジションであることに日々緊張感を持って向き合っています。生産は一言で言うと「企画が考えたものを製品として形にすることが仕事」なのですが、工場の生産キャパシティの押さえに始まり、生地の背景を取ったり、製品表示の内容を決めたり、お客さまやショップからの製品に対する問い合わせ対応と業務内容は実に多岐に渡ります。例えばデザイナーがこの生地で企画を進めたいと決めたとしても、本当にこの生地で量産をかけて良いのか?色落ちしないか?本当に安全か?などのジャッジメントをするのは生産の領域です。それらを元に製品表示の内容が決まり、まとめた情報を直営店舗、卸し先、eコマースとすべてのショップに送ります。少しのミスも許されないので、日々緊張感を持ってものづくりと向き合っています。経験が少ない分、先輩方はもちろん、生地屋や工場とのコミュニケーションが大切だということも異動してきて感じたこと。どんなに自分が気をつけていたとしても、私1人の力では製品を上げることまではできませんから。経験豊富なプロの方たちに教わりながら、また密にコミュニケーションを取りながら1日も早く一人前の生産になれるよう今は精進の毎日です。7年間の販売員経験があるからこそ、生産で活かせることがあると思っています。製品情報をもっとわかりやすく伝えたり、MD(マーチャンダイザー)やCR(コントローラー)の視点でもものづくりを捉え、生産業務に活かしていきたいと思っています。

経歴

  • トゥモローランド ジェイアール 名古屋タカシマヤ店
  • トゥモローランド 名古屋ラシック店
  • 商品部門 生産
  • (2017年3月1日時点)

あなたにとってTOMORROWLANDとは?

GO TO TOP