TOMORROWLAND RECRUIT

中途

香村 茉友

Mayu Koumura

2015年入社

商品部門 企画

-トゥモローランドに入社を決めた理由は何ですか?
よくお店でトゥモローランドの洋服を買っていたこともあり、転職の際にぜひ受けたいと思い、ご縁があり入社をしました。
今は〈GALERIE VIE〉でニット担当の企画として働いています。
-仕事以外に今興味を持っていることは何ですか?
大学のころから美術館に行ったり、アートを見ることが好きでした。
特に建築の展示が好きで、走り描きのスケッチや模型は、最終形に至るまでのプロセスが分かるので見ごたえがあっておもしろいです。
-トゥモローランドに入って良かったと思う瞬間はどんな時ですか?
自分の考えるものをきちんと依頼し、完成度の高い洋服をお客さまに届けることです。
シンプルでも、試行錯誤した洋服は本当に着やすくて軽やかです。
そういう積み重ねが詰まった服を私も作れるようになりたいと思っています。

担当プロジェクト

トゥモローランドへ入社して、ニットデザイナーの認識が変わった

前職での布帛デザイナーから、ニットデザイナーへ転職。トゥモローランドを志望したのは、製品の完成度の高さに惹かれて。値段に対して製品のクオリティが高い、いったいどのように作っているんだろうかと、興味を持ったのがきっかけです。実際に入社してみたら、想像を大きく超えてました。職人技のような製作過程を見せつけられ、それまで自分の思っていたニットデザイナーへのイメージが一変しました! 基本的に一般的なニットデザイナーは工場がパターンを引くことが多いので、こちらは寸法を計って指示して、といったくらいの発注でも製品はできあがってくる。ところが、トゥモローランドはぜんぜん違いました。糸を決めて、編み地を出すところからはじまり、理想とする風合いを出すまでにサンプルを何十枚も出してもらってしっかりと吟味してから、ようやく決める。指示の出し方もかなり細かく、例えば、毛足の長いニットを作る場合、多くのニットデザイナーは、「ふんわりと毛足の長いデザインでお願いします」、といったくらいのオーダーだと思うんです。それがトゥモローランドの場合は、毛足は何センチくらい出ていて、厚みはどれくらい、ゲージは何センチ間で、という具合に細部まで事細かに指示を出しています。他社の方にその話をすると、「ものづくりへのこだわりのレベルが違う」と驚かれるほど。ここまでニットを熟知している職人的なデザイナーがいるのは、トゥモローランドの大きな強みだと思っています。経験値の高い先輩がたくさんいるので、何かわからないことがあっても誰かに相談すると「ここをこうすればうまくいくよ」と適切なアドバイスをくれる。素晴らしい環境が整っています。

ブランドを任せてもらえる、一人前のニットデザイナーになりたい
まだニットデザイナーになって1年ほどなので、目下の目標は最初から最後まで任せてもらえる商品を増やすこと。ゆくゆくは、1つのブランドを担当できるようになりたいです。そのためには、なにより糸の知識を深めることが重要。先輩方は、どれくらいの目数でやると望む厚さになるのか、など、糸を見て触っただけで分かります。ニットデザイナーで、そこまでできる人はなかなかいないと思います。でもそれが分かるようにならなければ、トゥモローランドではブランドを持たせてもらえません。業務を通し経験を積んでいくことは勿論、お休みの日にはユザワヤへ行って色んな種類の糸を買ってきて自分で編んでみたり、常に糸に触れて知識を増やす努力をしています。3年目の先輩ですら「まだまだだよ」なんて言ってて(笑)、7年くらい修行を積んでやっと一人前といったところでしょうか。道は果てしなく長い。でもだからこそ、やりがいを感じているんですけどね!

経歴

  • 商品部門 GALERIE VIE 企画
  • (2017年3月1日時点)

あなたにとってTOMORROWLANDとは?

GO TO TOP