TOMORROWLAND RECRUIT

新卒

中山 明彦

Akihiko Nakayama

1997年入社

トゥモローランド 丸の内店 店長 兼 営業販売部門 ショップディレクター

-トゥモローランドに入社を決めた理由は何ですか?
他社と比べ成長過程にある会社に感じ、堅苦しくなく、何でもやらせてもらえそうだったからです。
-仕事以外に今興味を持っていることは何ですか?
-自分のどんなところがトゥモローランドに向いていると思いますか?
こだわる部分とこだわらない部分。
その切り替えの、行ったり来たりするところ。

担当プロジェクト

ディレクターとしてトゥモローランド全体を統括

トゥモローランドの販売員として入社して、今年で20年目。その間、さまざまな店舗を経験しながら、トゥモローランド 新宿伊勢丹店、仙台パルコ店のオープニングで店長を務め、その後、トゥモローランド 有楽町西武店で、店長 兼 SD(ショップディレクター)となり。現在はトゥモローランド 丸の内店で、同職を務めています。トゥモローランド 丸の内店で接客を行うのは週末のみで、それ以外の日は、本社への出社や他店舗を回ったりと、慌ただしい毎日を送ってます。SDとして、店舗ごとに売上を把握し、誰に何をどう売っていくかを考えたり、店舗表現の管理をしたり、スタッフの育成や人事に携わったり、トゥモローランド全体のマネジメント、セールス、ビジュアルの統括をしています。以前までは、すべての店舗に対し、自分が手足を動かしフォローしていましたが、さまざまな運営に関わっていることもあり、また、ショップディレクターという職種は、トゥモローランドで私のみ。どうしても時間の限りがあるため、今は、各店舗にいるリーダーたちと協力し合い、情報収集をしながら、全店舗まんべんなく目をくばれるように体制を整えています。

お店と人、ともに育てることを目標にしています
後輩スタッフの育成で大切にしていることがあります。それは、どこに出ても通用するような人材に育てるということです。仮に、トゥモローランドを辞めることになっても、別の世界でも立派に通用する人になってほしい、それくらいの気持ちで向き合うようにしています。どこでも通用するというのは、仕事のスキルの高さだけでなく、人間としての常識や人柄、時代感を持ち合わせた人のことです。それをどうやって教えるか…。昔のような“自分の背中を見せて学ばせる”というやり方は通用しません。独りよがりの考え方では、後輩たちはついてきません。何よりも大事なのは、直接話すことだと感じています。店頭を回り、できる限り顔を合わせて話すことを私自身、心がけています。相手が何を考えているのか、まずはそれを知り、それに対して的確なアドバイスをしてこそ、成長につながるのではないでしょうか。お店はもちろん、人が成長すること。それを肌で感じた時が、いちばん嬉しく、やりがいを感じる時です。

経歴

  • トゥモローランド 恵比寿三越店
  • トゥモローランド 横浜高島屋店
  • トゥモローランド 吉祥寺店
  • トゥモローランド 新宿伊勢丹店
    オープン店長
  • トゥモローランド 仙台パルコ店
    オープン店長
  • トゥモローランド 有楽町西武店
    店長 兼 営業販売部門 ショップディレクター
  • トゥモローランド 丸の内店
    店長 兼 営業販売部門 ショップディレクター
  • (2017年3月1日時点)

あなたにとってTOMORROWLANDとは?

GO TO TOP